• HOME
  • >
  • 低年齢児

低年齢児・受診時のお願い

こどもは,おとなをただ小さくしただけの存在ではありません。
おとなは,歯科医院へ行く意味や治療の必要性が理解できるため,嫌でもご自身でイスに座ったり,お口を開け,治療をすることが出来ます。
しかし通院に慣れていないお子様(特に低年齢児や,恐怖心の強いお子様)においては,通院する意味や必要性をなかなか理解することができません。
その為,低年齢のお子様や恐怖心の強いお子様が少しでも受診しやすい環境を作るために,保護者様にも幾つかお願いがございます。


受診時間についてのお願い

おとなでも,おなかがすいたり,眠い時間というのは受診しにくい時間だと思います。
小さなお子様であれば尚のことです。
歯科医院に慣れて頂くためのトレーニングや治療を行うにしても,眠かったり,おなかがすいていたり機嫌が悪ければ,上手に出来る子ですら出来なくなります。
恐怖心の強いお子様や低年齢のお子様であれば尚更です。
保護者の方のお仕事などのご都合もありますでしょうが,可能な限りお子様にとって受診しやすい環境を整えるためにも,午前中の受診をお勧め致します。


嘘をついて来院しないで下さい

嫌がるからと言ってお子様に嘘をついて歯科医院に来院されますと,私たち歯科医師とお子様の信頼関係は構築できないどころか,更に悪くなってしまいます。
来院する際には,「歯医者さんに行くよ。」と必ずお話し頂きますようお願いします。
また,歯科医院に対して恐怖をあおるような声がけはおやめ下さい。
(例:注射されるよ。痛いことされるよ。など)


初診時は原則,診査のみになります

おとなでも初めての場所は非常に緊張し,ストレスが加わります。
小さなお子様や,恐怖心の強いお子様では尚のことだと思います。
なので初診時は可能な限り診査などに留めたいと思います。
恐怖心の強いお子様や低年齢のお子様にとっては歯科医院へ通うことから,トレーニングと考えます。


トイレは済ませておいて下さい

治療の途中でトイレに行きたくなったりすると治療を中断しなければ行けません。
その後,再度診療室に入室することは,良好な協力状態の得られない患者さんでは更にストレスを加えることになります。


治療の流れ

原則当院では緊急時以外,初診時に治療は行いません。
まずは,お子様のお口の状態を精査し,問題点を抽出し必要な処置を行います。
お子様の治療に対する協力状態により,小児心理学に基づいた トレーニング を行い, 上手に治療できるよう,お手伝いしていきます。 治療が終わった後は,定期検査をお勧めしております。 定期的に通院して頂く事で,問題の早期発見につながります。



 

LinkIcon